1. HOMEサービスご案内>もしもにそなえて

もしもにそなえて

「もしも」の時の為に・・・

宗派の確認をしておきましょう。

お葬式には、仏式・神式・キリスト教から無宗教葬まであり、その飾り付け等もおのずと違います。
特に仏式においては、宗派によって飾り付けに違いがありますので、宗派を確認しておいてください。

故人の写真を探しておきましょう。

祭壇に飾る遺影が必要です。人柄がしのばれるような写真を準備しておいて下さい。

ご遺族・ご親族ならびに一般会葬者を予測しておきましょう。

会葬礼状、粗供養品、お通夜等の手配の確認上、会葬者の人数をある程度予測しておく必要があります。
予測する方法としては、故人の生前の交際範囲とご遺族の交際範囲を合わせた人数が、ひとつの目安になります。年賀状の枚数から推測する方法もあります。
ご遺族、ご親族の名簿を作成しておくことをおすすめします。

世話役を決めておきましょう。

一般的には、お葬式一切をご遺族だけでとりしきれるものではありません。
ご親戚や友人、勤務先の上司(部下)、町内会等の信頼できる人に引き受けてもらいます。

故人の衣服を用意しておきましょう。

故人が愛用されたものをご用意ください。
経帷子(きょうかたびら)等は都典礼で用意いたします。

「もしも」の時は・・・

まず都典礼へご一報ください。

if共済会会員の方は会員である事をお申し出ください。死亡者のお名前・死亡場所・ご遺族(喪主)のお名前・ご住所・電話番号をお知らせください。

初期ご安置について承ります。

病院で亡くなられた場合 :電話でご一報ください。病院へ寝台車でお迎えにまいります。
ご自宅で亡くなられた場合 :ご自宅にお伺いします。
その他の場所で亡くなられた場合 :電話でご一報ください。病院へ寝台車でお迎えにまいります。
経帷子(きょうかたびら)等は都典礼で用意いたします。

お問い合わせ、ご相談、お見積りは0120-365-385

↑ページのトップへ